はだしのゲンデザイナーズリパブリック

はだしのゲン日記 -hadashi no gen nikki-(20051031〜) タイトル一覧 カテゴリ別一覧 掲示板 memo はだしURLmemo 1995genprod. はだしのゲンデザイナーズ・リパブリック

Facebookページも宣伝
hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.6

先月 2005年12月 来月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
HNS logo

2005年12月21日(水) [n年日記]

[天気:晴]

#1風邪ひかきけ。






思った以上にしんどいな。
体がエアロバキバキってます!!ぬぬ


ねる。

2005年12月22日(木) [n年日記]

[天気:晴]

#1広島の歩き方〜はだしのゲンを歩く〜radio edit




内容は一切合切、昔の 記事 と変わりないんだけどなんとなく
ちず窓β *1 をつかってみたかっただけということなんだ。
けどHNSだとうまくつかえないみたいne。
ああ また広島、いきたいなあ。



1.原爆ドーム


私たちが声荒げて言わずとも、 広島観光 のメッカ、 原爆ドーム
劇中ではやはりクソ森との対決シーンが思い出されます。中沢さん曰く「唯一の ジャングルジム の遊び場」
だったそうで、子分を引き連れて、よく遊んだそうです。当時その下で「原爆一号の店」というみやげもの屋を構えていた、
吉川清 さん(被爆者運動の父)夫妻にもよく叱られたとか、しないとか…。また、クソ森が原爆ドームから落下して怪我を
するエピソードは実話で、胤森(たねもり)鉄也さん(クソ森の元ネタ?)が原爆ドームから落ちてからドームの周りに
柵ができたそうです。





行き方… 広電本線 「原爆ドーム前」電停よりすぐ


2 NHK広島


ここは穴場中の穴場というと語弊がありそうですが、
NHKひろしまビデオライブラリー 」が3階ギャラリー内に併設されていまして、
広島というだけあってか原爆関連、平和関連のビデオが充実しており、無料で鑑賞できるようになってます。
もちろん中沢さんを扱った作品もありますし、 佐伯敏子 さん(ヒロシマに歳はないんよ)と
故 江口保 さん( 広島修学旅行 を日本ではじめておこなった平和学習の父)の対談など、
いくら時間あっても足りないくらいありとあらゆるビデオがあります。一見の価値ありです。





行き方…平和記念資料館からですと、平和大通りにでて、平和大橋を渡ってすぐ。


3 旧ABCC(現 財団法人 放射能影響研究所)


はだしのゲンには幾度となく登場する、悪の権化 ABCC 。ゲン、隆太、ムスビが、
この施設の壁に小便をひっかけたのはあまりにも有名。現在も所在地は漫画通りで比治山山頂付近に
そびえ立つ無数のかまぼこ型の建物がそれです。実際、うろうろしてみましたが、
特に人影はなく本当に活動しているのか?というぐらい周りは静まり返っていて不気味でした。
途中、尿意をもよおしたのですが、さすがに壁にはしませんでした。そんなに高い山でもないのですぐ登れます。



行き方…広電皆実線「比治山下」電停より、徒歩10分


4 神崎小学校(旧 神崎国民学校)


はだしのゲン、いや中沢作品、すべての原点。神髄の中の神髄。劇中では神山国民小学校となっていますが
実際、当時中沢少年が通学していたのはここ、 神崎小学校 です。究極的に言うとこのコンクリート塀一枚が
無ければ私たちは「はだしのゲン」という作品には出会えなかったことに。
もっとも、原爆が落とされなかったら…と思う方が自然でしょうか…。中沢さん曰くは、
北マリアナ諸島のテニアン島にある原爆搭載記念碑が「私の狂わされた人生の出発点」とみさよ夫人に語っています。






行き方…広電江波線「舟入町」電停より徒歩3分


5 本川小学校


劇中では、元川小学校となっていますがここが モデル となっています。
(実際、中沢さんは 江波小学校 に転入後、この学校に再転入している。)原爆投下後、ゲンが転入された学校。
校舎は焼けただれ、崩れ、天井には大きな穴、窓枠がねじり曲がったあの学校です。
そこにはケンカ大将を争ったクソ森、夜の校庭には勝子、そしてクラスメイトの野村道子…さまざまなエピソードがありますね。
現在も当時の校舎の一部を残して建てられた、本川小学校平和資料館が校内にあります。
ここもあまり知られてないようですが、見学可能?のようです。






行き方…広電本線「本川町」電停より徒歩2分


6 宮島(厳島神社)


え?ここはただの観光スポットでは…?いえいえここも忘れてはいけません。
ゲンの初恋の人、光子さんとの デートコース ではないですか!
光子さんをモデルにスケッチに勤しむ、これでもかという程、楽しげなゲンの顔が印象的です。
しかし…幸せは長く続きませんでしたね…。少し無関係かもしれませんが、ここのお土産屋さんで
「でんでん太鼓」を購入しました。トントンならして歩くとなんかクソ森の気分に。






行き方…広電宮島線で市内より約45分「広電宮島」に到着。その後 フェリー に乗り換えて約10分で宮島桟橋に。そこから徒歩10分


続く。
*1: やっぱ重いのねグズン

2005年12月23日(金) [n年日記]

[天気:晴]

#1広島の歩き方〜はだしのゲンを歩く〜extended




ということで 昨日 の続きですよ。
なんか宮島の画像だけやたら重いのね。
そんなもんなのかなあ。
んでも ちゃんと ちず窓ビュー で広島をみるとちゃんとポイントついてるや
なにかの種にお役立てください。



7 舟入川口町電停


…って、これはただの広電の駅なのでは…?
いえ、違います。原作「はだしのゲン」では原爆直下のヒロシマを少年ゲン
帰巣 本能 さながら家へ向かいます。そして、家の前には一人佇む、母、君江…。と言う
流れでありますが、実際、中沢さんが実母と出会ったのは運良く、泣きわめいて駆けまわっていた
中沢少年を隣家のおばさん *1 が発見してくれて、「あんた、中沢の啓ちゃんじゃないの。
あんたのお母さんは、舟入川口町の電停前におるけえ、早よう行きんさい!」と教えてもらい、
ここの電停で実母と出会うのです。
(下の挿し絵は、はだしのゲンの原形「おれは見た」より)





行き方…広電江波線「舟入川口町」


8 皿山


原爆投下後二日目、実母と中沢さんは電車道での路上生活の中
太陽 と死臭に悩まされ、暑さに堪えかねて広電江波、終点にほど近くある皿山に登ります。
原作「はだしのゲン」では米を探すゲンとは別に、母、君江が、友子にちちを飲ませてもらおうと
山に登っています。 劇中では唐突にこのシーンが現れます。
(週刊少年ジャンプ連載時の切れ目に当たる)





行き方…広電江波線「江波」より徒歩5分。


9 江波山の麓


原爆投下後四日目、二人はもといた川口町に戻り、呉の海軍工廠に溶接修理工に動員されて
いた長兄と落ち合う事と相成り、江波にいる遠縁を頼って移動する。そして着いた家が、
江波山の麓にあった。。。

劇中では、君江とゲンが君江の旧友、林 キヨちゃんを頼って、江波に訪れている。
この時、山の上の測候所が登場する。現在は測候所ではなく、
気象をテーマにした博物館、「 江波山気象館 」が建っている。





行き方…広電江波線「江波」より徒歩8分


10 江波中学校


「オース」「メース」「サース」といまでも聞えてきそうでもない感じですが、
「はだしのゲン」の中で登場する波川中学校のモデルが、この 江波中学校 です。
相原が、太田先生が、そしておなじみのクソ森が、「青い山脈」が…、
ゲンが青春を謳歌するこの学校、実際、中沢さんも広島市の 平和都市建設計画 により、
住み慣れた鷹匠町より立ち退き命令が出され、吉島刑務所近くの工場跡地の代替え地に
異動することを余儀なくされその後、入学したのがこの学校。


劇中でも語られるように、名前だけで校舎もなく商業高校の一角をまがりして授業が
おこなわれていたそうで。そして中沢さんが晴れて、三年生に進級した頃に母校といえる新校舎が完成。
しかしその校舎が建っている位置をみて、大変中沢さんは驚いたそうです。そこは無数の被爆者が焼かれ
人骨の山が何個も何個も積み上げられそれを、無造作に米軍の ブルドーザー やローラー車が押し潰して
平地にした(劇中では政二さんのエピソードに登場します)正しく、その場所だったそうです。





行き方…広電江波線「江波」より徒歩1分


11 江波小学校


本川小学校の回にも少し触れましたが、学校が再開され中沢さんが最初に転入したのが
ここ 江波小学校 です。当時はまだ 火傷 や負傷して動けない被爆者がここで生活もしていたそうです。

ここでの生活は散々だったそうで、地元意識に固まった悪ガキからのイジメや
原作でも登場するエピソード、母が物取りの疑いをかけられ、始末書を書かされたりと
中沢さん曰く江波の町で、弱い者に対して容赦なく威張り、いじめ抜く本性「人間の正体」
「日本人の正体」をみたと語っています。この学校は劇中では江波で路頭に迷う君江とゲンが
訪れるシーンでほんの数コマ登場します。





行き方…広電江波線「江波」より徒歩10分、江波トンネル越えてすぐ。


12 無名戦士の牌


これも前に少し触れましたが中沢さんの実父、中沢晴海氏が戦前、左翼の新協劇団に属し
島崎藤村 の「夜明け前」や ゴーリキー の「どん底」 *2 など演じていたそうなのですが
この牌は官憲に弾圧されながら 反戦活動をし、原爆死した人の名前を合祀したもので
その中に晴海氏の名前をあるそうです。

蛇足ですが、この牌がなかなかみつけきらず中沢先生から直々に
電話で場所を教えていただきました。ありがとうございました。





行き方…広電「土橋」電停下車、電車道を歩き、平和大通り(100メーター道路)と
    の交差点のわきにあります。


あとがき:



いやー手抜きみたいなので後書きです。
実はゲンプロをはじめたころはhtmlの知識はもちろん画像のスキャンとか加工なんて
まったくわかんない自分がはじめて作ったhtml文書がこの「広島を歩く」シリーズだったのです。
いま読むと稚拙で意味不明な文章だなもし。いや、いまもいっしょか。
中沢先生に電話した話なんですけど電話する前に、ほんと試合前のボクサーのように
精神統一した(緊張してた)覚えがあります。
これからもがんばります( '-')ノ


*1: 阪本さんというそうです。
「おれはみた」の中では男性が登場しますね。 参考記事
*2: 当時は、 治安維持法 の下、危険思想、思想弾圧のなか発禁本であった

2005年12月24日() [n年日記]

[天気:晴]

#1はだしのゲンの最終回




コミックマーケット69「はだしのゲン」関連速報!
団結小屋さん 12/30(金)東チ39b


お見逃しなく!


わたしも元気だったら いき ます。

「はだしのゲン」の最終回:



ドラえもんの最終回 のお話が盛んなようですね。そういえば「はだしのゲン」も
完結しているようですが、いまのところ第2部完 *1 で未完なんです。(しつこいようですが)
せっかくなので2003年に「はだしのゲン」ファンがネットで公開した 東京編をお届けします。

【出所】
はだしのゲン
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1011105702/


422 :愛蔵版名無しさん :03/04/01 01:40 ID:SI5o6UqE
第一部終了からもう何年たってんだYO!!
もう待ちきれないので勝手に俺が作りました!!!


はだしのゲン第二部・東京編
【1】

広島から列車に乗ってついに東京までやって来たゲン。
上野駅の人ごみにもまれながらも、わしゃやったるわい!!と希望に燃えるゲンだったが、
早くもスリに財布をすられてしまう。警察にも冷たい対応をされ、
仕方なくカバンに入れてあった僅かな金をもとに靴磨きをすることにするが、
駅周辺は既に縄張りがあり割り込む余地はない。
初めての東京に行く宛てもなく途方に暮れるゲン。
生きるためには盗みでもと一度は非情の心になりかけるゲンだったが、
たまたま困っている男を目にし、助ける羽目に。
それが縁で映画美術の会社を紹介されることとなり、
広島時代の腕を活かしてバリバリ仕事をこなして行く。
(途中、ゲンの財布をすった少年を発見しボコボコになるまで報復するも、
少年が東京大空襲の傷を背負った母を養っていることを知り許してやるエピソードあり)。

<この章のポイント>
・広島を出るとき看板屋の社長に餞別(大金)を貰いましたが、
 使う間もなくスッカラカンになるのは中沢漫画の常識。
 東京の恐ろしさを示すためにも冒頭でアクシデントがあったほうがよいでしょう。
・ふとした親切がもとで自分も助かるという都合のいい展開は中沢漫画では常識。
 読者も安心し明日への希望が持てます。
・盗人を捕らえてみれば戦争被害者というのは中沢漫画の常識。
 同情のあまりそのあと稼いだ金をめぐんでやる場面があればなお良いでしょう。

【2】

戦後日本映画の黄金時代とも呼ばれるこの時期、ゲンの会社は多忙を極めたが、
初めて原爆という重荷から心理的に開放され、もともと好きでよく見に行っていた
映画の世界に関われることに喜びを見出す。
生活に多少の余裕が出来たことで毎晩酒を飲み、ケンカもした。
また監督の脚本に描かれた絵コンテの存在を知り、
仕事の合間に自分でもコンテを書き、実際に仕上がった作品と比べて勉強した。
しかし華やかなスターや映画監督に憧れを持ちつつも、所詮は裏方、
画家になる夢も落選続きで煮詰まってしまう。そして世の中が平和になるにつれ、
映画会社でも派手な戦争物の大作が作られるようになり、
ストライキを起こそうとしたゲンは周囲から目をつけられ、
原爆を受けたことまで知れわたり陰口を叩かれる。
ついには友達付き合いをしていたお茶くみの女の子とも疎遠になってしまった。
そんなとき怪獣映画を漫画作品にするため、漫画家が撮影所に取材に訪れた。
たまたま取材の合間に声をかけられたゲンは、漫画家の作品を見て
感心しつつも自分なりの意見を言い、その場で具体的な絵コンテを描いて漫画家を驚かす。
そこに通りかかった社長が口うるさくゲンを叱り飛ばし、ゲンを追い出すためにやたらと
「クビ」を口にするが、それを見ていた漫画家はゲンをアシスタントに採用するのだった。

<この章のポイント>
・実際の中沢氏は上京してからは「原爆」という言葉から逃げ回っていたといいます。
ここでは後の展開のため、第一部・広島編のような威勢のいいゲンではなく、
やや大人になり、自分だけの夢に一途になる姿を強調しましょう。
・実際の中沢氏は小学生時代に読んだ手塚漫画がきっかけで漫画家を目指し
看板屋に勤めたそうです。しかしゲンが漫画を読む場面などどこにもなかったので、
看板屋から映画界へとステップを踏ませたうえで、
偶然に漫画家に弟子入りさせれば都合が良いでしょう。
・反戦思想の少ないゲンはクリープを入れないコーヒーのようだという読者のために、
 水爆実験で蘇ったゴジラを引用させつつ怪獣映画のコミック化という展開を、
 そして特撮技術を駆使した派手な戦争大作を叩いて平和ボケ日本を告発しましょう。
・被爆者差別は中沢漫画では常識。信じていた素朴な感じの女の子に裏切られれば、
 原爆への怒りはよりいっそう強くなるでしょう。
・戦争を喜ぶいかつい顔のキャラクターは中沢漫画では常識。
軍国主義の口うるさい社長を登場させれば完璧です。

【3】

独学の絵コンテ修行が功を奏し、ゲンはアシスタントとして充実した日々を送っていた。
しかしアシスタントは務められても、いざひとりで作品を作ろうとするとペンが進まず、
ゲンの漫画家修行は大きな壁に突き当たった。
そんなときゲンは偶然にも先に東京に来ていた隆太と勝子に再会する。
勝子のデザインした服を隆太が店に売り、貧しいながらもなんとか生活してきた二人には、
もうすぐ一人目の子供が生まれることになっていた。
しかし3人で再会の祝杯をあげた数日後、勝子が血を吐いて倒れ流産してしまう。
締め切りに追われるゲンは、隆太からの連絡メモを知らずに捨ててしまった。
ゲンに見放されたと思い込んだ隆太は、瀕死の勝子の願いで広島に戻る。
すっかり戦後の面影を無くした広島に呆然とする隆太だったが、
勝子を背負い原爆ドームに辿り着く。
背中の勝子に隆太が声をかけたとき、勝子は既に冷たくなっていた。

<この章のポイント>
・派手な映画界から一気に地味な密室の漫画家修行へ突入するため、
 漫画の描き方講座を交えて薦めれば、
 反戦漫画を描く漫画家志望者が増えて良いかもしれません。
・ゲンの生活が単調になり、このままでは読者が立ち読みで済ませてしまう恐れがあります。
 このあたりで旧作の最重要キャラを登場させればそれだけで売り上げ倍増間違いなしです。
・再会のあとは確実に誰か死ぬのはもはや中沢漫画の醍醐味。
 今回は子供と勝子の2段階に分け、東京で子供という希望を失い、
 広島で長年の仲間を失うという展開にすればもう誰も涙なしには読めません。

【4】

勝子の死と原爆ドームを目の前にして、怒りが噴出する隆太。
勝子と広島を出た日からお守りのように持っていたピストルを握り締めるが、
その引き金ももはや錆付いていた。
「ゲンあんちゃんもすっかり平和ボケしおったのう。勝子、お前の仇はわしが討ってやるわい」
ようやく締め切り地獄から開放されたゲン、久しぶりの休日で街に繰り出した。
ちょうど街頭テレビのニュースで、天皇が今日、何処其処を訪れたと報道されていた。
そのとき天皇に向けて一発のパチンコ玉が放たれる。
「ムスビ、ドングリ、ラッキョウみんな見とれ!!カッコー、天皇を撃て!!」
勝子の死に平常心を失った隆太の一発だったが、天皇を直撃するには至らない。
たちまち警察に追われダンプに跳ね飛ばされる。震えが止まらなくなるゲン。
仕事を全て投げ出し病院に駆けつけたゲンだったが昏睡状態が続き、
ようやく面会を許され再会した隆太はもはや虫の息だった。
「ハァハァ、あんちゃん、わしゃ悔しいよ、みんな好きだった奴が消えていって、
戦争のことがどんどん忘れられていくけぇね、無念じゃのう、ギギギ・・・」
息絶える隆太。うそじゃうそじゃ!!と叫びながら表に走り出すゲン。
近くの川に飛び込み暴れまわり慟哭する。何も知らない通行人が「キチガイじゃ」と一言。
数日後、隆太と勝子の骨壷を抱えて中岡家の墓に納めるゲン。
「みんなわしの仲間は死んでしもうたのう。だがわしゃ負けんぞ。
 わしゃこれから漫画で原爆の奴を叩きつぶしてやるんじゃ。やったるけぇのう」
再び東京行きの列車に乗るゲンの視界に麦畑が広がっていた。
「ゲン、お前は踏まれても負けない麦になるんじゃ!!」
父と母の幻に激励され、ゲンは決意を新たにするのだった。

第二部・完
<この章のポイント>
・実際の中沢氏は漫画家になってから母親を無くし、それをきっかけに原爆漫画を描き始めたので、
 原爆漫画の執筆動機に重要人物の死は欠かせません。
 もともと隆太はフィクションですので、反戦反核を訴えるためにも
 隆太にはゲンに出来ない突飛な行動を起こさせ、盛大な最後を迎えさせましょう。
・ただし調子に乗って天皇まで射殺させてしまうと歴史ごと変わってしまい、
 「原爆も中沢氏の創作」など2ちゃんで書かれるのがオチですから、
 あまり歴史的に取り上げられない程度の事件にしておきましょう。
 ここでは「ゆきゆきて神軍」の奥崎謙三のエピソードを頂きました。
・深刻な場面でも「キチガイ」「バカ」などといって登場人物を茶化す通行人は中沢漫画では常識。
 これがないとただの左翼漫画とバカにされかねません。
・ラストシーンに麦と死んだ両親が現れるのは「はだしのゲン」の常識。
 これがないと安心して眠れないという読者のためにワンパターンでも必ず入れましょう。
ほんといま読んでもよくできてるなあw
私が解説を付け加える必要はなさそうだけど、中沢漫画の「あるある」が
よく生かされていて本物臭が漂っていますね。なんとなく完結した気分。

あ よくみると完結してるのかなこれ(;´ー`)



ゲンプロではこんなフォロアスレも生まれました。

脳内東京編@友子板
http://www.gigigi.net/tomoko/joyful2ch-h.cgi?mode=res&no=428

【参考記事】

ドラえもん、ついに最終回。
http://unlimi.net/archives/50484312.html


「ドラえもんの最終回」まめちしき
http://d.hatena.ne.jp/kanose/20051220/doraemon

*1: え?第1部だろ?という方はこちらの記事をお読みつかあさい
はだしのゲンは 第二部完??
はだしのゲンは第2部完??〜はだしのゲン第三部は本当にあるのか…?〜

2005年12月25日() [n年日記]

[天気:晴]

#1ジャーンジャーン










やめえ〜 ドラを鳴らすんをやめえ〜〜



2ちゃんの 三戦板 で、ほそぼそとだが繰り広げられている
「はだしのゲン」ネタスレ  はだしのゲントク が最近ちょっと面白い。
三国志と愛称がいいような気がします。一部紹介。




78 :無名武将@お腹せっぷく :2005/08/02(火) 01:23:06
張飛「ようし こうなったら実弾投下じゃ」

126 :無名武将@お腹せっぷく :2005/10/02(日) 05:15:30
張遼「まあ あんちゃん飲めや 許昌のコーシーとビスケットじゃ うまいぞ」
関羽「へ─── すごいのう」
関羽 ズズズ(コーシーを飲む)
関羽「あま───い ほっぺがおちそうじゃ 
   あ〜 おいちい〜〜〜 あ〜 おいちい〜〜〜
   曹操はこんなうまいものを食べているのけえ 
   兄者が曹操に負けるのは当たり前じゃのう」
関羽「本物の砂糖をいれるとるけえ ちがうんじゃ
   オシッコもれて気が狂いそうじゃ」
張遼「あんちゃん いつでも来いや 許昌のうまいものを食わせてやるけえ」

131 :一巻より1/2:2005/10/02(日) 23:12:30
周瑜「ジャンジャン ジャガイモ サツマイモ うかべて ならべて 串さして」
孫権「わが孫呉水軍は 敵曹軍艦隊をつぶしに出発するのである ジャンジャンジャ〜〜〜〜〜〜ン」
周瑜「ワ───イ ワ───イ」
劉備「………………」
劉備「孫権殿 わしにもやらせてよ」
孫権「なんじゃ 劉備 おまえまだいたのか
   かえれっ ムシロ売りがさわるとけがれるわい かえれ かえれ」
劉備「たのむよ 一回でええけえ わしと同盟してくれよ」
周瑜「アカンベ──────ッ」
孫権「水軍ほしかったら こうてもらえよ」
劉備「わしの家は貧乏じゃけん だめなんじゃ」
孫権「フン おまえそんなにこの軍艦かしてほしいのか」
劉備「う………うん」
孫権「フルチンになってワンワンほえたらかしてやる」
劉備「ほ ほんとうか やるよ!」
劉備 バサッ (ズボンを下ろして四つん這いになる)
劉備「ワンワンワンワン  やったぞ 同盟してくれよ」
孫権「ばかたれ だれが一回だといった 百回やれっ」
劉備「ずるいぞっ」
孫権「いやなら同盟しないぞ」
劉備「や やるよ ワンワンワンワン ワンワンワンワンワンワン」

132 :一巻より2/2:2005/10/02(日) 23:13:47
周瑜「や───い ムシロ売りの犬がほえてるぞ」
孫権「ハハハ もっと大きな声でなけっ」
孔明「我が君っ!」
孔明「ばかたれっ おまえはなにをしとるんじゃ」
劉備「孔明 わしゃ 水軍をかしてもらいたいんじゃ」
孔明「このばかっ そんなかっこうしてまで かしてもらうな」
劉備「………だってわしは水軍を動かしてみたいんじゃ」
孔明「おまえくやしくないのか」 ゴ〜〜〜〜〜〜ン(劉備にゲンコツ)
孔明「やい おどれら よくも我が君をいじめたな」
周瑜「ヒッ」
孫権「にげろ」
周瑜「や───い ムシロ売り! 諸葛亮のクソタレ───」
孫権「くやしかったら こんな軍艦もってみな」
孔明「なにを〜〜〜」
孔明「まて〜〜〜」
周瑜「ワ───イ ワ───イ」
孔明「く くそっ こんどあいつら見つけたら ムゲチンにしてやるぞ」

134 :無名武将@お腹せっぷく :2005/10/03(月) 22:36:42
炎興元年 十一月一日 梓潼郡 剣閣
姜維「きをつけ〜〜〜〜〜〜っ」
兵士 ザッ ザッ
姜維「これから皇帝劉禅さまの重大放送がある みんな静粛にきくんだ」
廖化(張翼 いったいなんの放送かのう)
張翼(しるもんか きいてみんことにゃ)
廖化(めしをいっぱい食わせてくれるという 放送ならええのう)
張翼(ほうよ わしら毎日 腹の皮が背中とくっつきそうに ペコペコじゃけえのう)
    『君が代は 千代に八千代に さざれ〜〜〜〜〜〜♪♪♪』
廖化「はじまったぞ」
    『朕 ふかく 三国の大勢と蜀漢の現状と鑑み………
     非常の措置を以て 時局を収拾せむと欲し………………』
廖化(おい 朕とはなんじゃ?)
張翼(ばかたれ 皇帝陛下のことじゃ)
廖化(へ〜〜〜〜〜〜 おもしろいのぅ チンポのことかと思ったよ)
張翼(ば ばかたれ そんなこと言ったら 姜維殿にぶんなぐられるぞ)

135 :無名武将@お腹せっぷく :2005/10/03(月) 22:37:22
姜維(目から大粒の涙を落とす)
廖化・張翼  ポカ〜〜〜〜〜〜ン
姜維「ううううう ううううう」
蜀兵「ううううう ううううう」
蜀兵「ううう………」
廖化(お おい 将兵たち みんな泣き出したぞ どうしたんじゃ)
張翼(おかしいのう 今の放送は そんなに悲しかったのかのう さっぱりわからんかったぞ)
張翼「あのう……… 姜維殿 どうして泣くのですか」
姜維「ばかたれ これが泣かずにいられるかっ
   蜀は鬼畜曹魏に負けたんじゃ! 無条件降伏で戦争に負けたんじゃ!」
張翼「おかしいのう 蜀は神国で 神様の劉禅陛下が守っているから 戦争には必ず勝つ!
   ………と黄皓殿はいつも言うとったのに」
姜維「ばかたれっ それが負けたんじゃ ううう な なんてことだ 
   蜀の勝利を信じてどんなに苦しくても がんばってきたのに いきなり負けたと言われるとは………
   ううううう うううう」
廖化・張翼  ポカ〜〜〜〜〜〜ン

141 :朴さん@麦城 :2005/10/10(月) 03:30:39
※壊滅状態の関羽軍
関平「お おやじ……… 生きていてくれたのか よかった よかった」
関羽「アイゴ─── アイゴ───」
関平「おやじ しっかりせえ 麦城でキズの手当てを受けよう」
関羽「ううう ううう………」
関平「おやじ 死ぬな 頼むから死なんでくれよ!」
周倉「ううう………」
王甫「ううう………」
関羽「アイゴ─── アイゴ───」

142 :朴さん@麦城 :2005/10/10(月) 03:31:36
関平「孟達さん お願いします おやじに援軍送ってください」
孟達「関羽か………」
関平「もう5時間もまっているんです 送ってやってください」
孟達「関羽をみている暇はない あとじゃ あと!」
関平「そ……… そんな」
関平「孟達さん わしらむりやり荊州の留守番をさせられて 殿のために樊城で戦った………
   殿のために一生懸命働いているんだ なぜ手当てをしてくれないんです!」
孟達「うるさい!」
孟達「関羽より 上庸を守るのがさきじゃ 
   それに援軍に出す兵がないのだ もんくぬかすなっ」
関平「………………」
関平「ううう わ わしらは援軍まで 差別されるのか………」
関羽「うううううう」
関平「お……… おやじ 苦しいか しっかりしてくれっ」
関平「く くそっ べつのところへいこう」

143 :朴さん@麦城 :2005/10/10(月) 03:32:32
関平「おねがいします おやじを助けてください」
劉封「関羽か」
関平「はよう おやじを助けてやって下さい」
劉封「わかった わかった あとで見てやる」
劉封「この忙しいのに 他人の援軍まで手が回るか」
関平「………………」
関平「うううう やっぱりここもだめなんか………………」
関羽「ハア── ハア── ハア── ハア──」
関平「お……… おやじ」
関羽 ガクッ
関平「アボジ〜〜〜〜〜〜」(涙)



…個人的には89が好きなんだけど不謹慎なので省略(;´Д`)


【出典】
はだしのゲントク
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1118832222/
【関連】
横山三国志で抜ける者はおるか!(*´д`*)
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Sirius/6075/

2005年12月26日(月) [n年日記]

[天気:晴]

#1英子姉ちゃん




* ぬっぽい* (http://hukumikan.blog41.fc2.com/)
ソウさんのweblog、ぬっぽい*で 英子姉ちゃん を見つけた。
スーパーグラマラスタイーム!

というわけでなんとなく英子姉ちゃんの変遷。


原作「はだしのゲン」より





実写版「はだしのゲン」より



関係ないけど  中岡美子とか中岡昭三 て誰よw


アニメ「はだしのゲン」より(絵 でんでんさん)



注意! ※アニメ版にはこのシーンはありません。


紙芝居「はだしのゲン」より





本当にありがとうございました。


2005年12月30日(金) [n年日記]

[天気:晴]

#1秋葉原でgigigi SNSティッシュを配ったよ!




くわしいレポートは こちら で。
いやー。それにしても こんな企画なのにいっしょに配ってくれたみなさん。
いろいろ後方支援してくれたみなさん。本当にありがとうです。

ちょっと靴の先が 違う けどw ミッションコンプリート!!ぬぬ
gigigi SNS 共々 来年も どうぞよろしくです。

コミケ69:



実は、コミケでもチリ紙を配布しました。
配布に協力してくれた さやぞぉ さん ありがとうです



普通におっちゃんが持っていってくれたのがうれしかったですw

ついでというとアレですが 移動にコミケ臨時バス「 アキバエクスプレス 」を利用しました。



メイドさん付きのバスで写真撮影したりと満喫できました。
(メイドさんにもチリ紙あげたw)



【関連リンク】


【関連記事】12/31追記

コミケ69臨時バス『アキバエクスプレス』 メイドさんがお見送り
http://www.akibablog.net/archives/2005/12/69_1.html

チリ紙の残り あと 500個w ぜひ配りたい!という人はご連絡くださいw

2005年12月31日() [n年日記]

[天気:晴]

#1はだしのゲン と よいお年




2005年の「はだしのゲン」総括は前に やった 気がするので
置いといて、今年1年振り返ってみるといろいろあったような気がします。
そういや「」の間で「 ムスビ うそをつけっ 」が定着したのも今年だったですよ。

最近のWeblog界隈だと ドラクエコラ がなにかと話題のようですが
唐突に閃虹丸氏のサークルOBA-Q HONPO QTの 新作 を紹介。


「その女、凶暴につき」より。

こちら本はファンシーラボでも 購入 できるようですよ。 好きな人 はぜひに。


そうそう、コミケ69に参加した団結小屋の王先生の下に 例のチリ紙 を届けていただいた。
大変よろこんでくれたようでランランうれしいな。森砂季さんありがとう!

それではよいお年を。

【関連リンク】
* 秒刊SUNDAY (http://www.yukawanet.com/sunday/)

* OBA-Q HONPO QT on Web (http://oba-q-honpo.net/qt/)

* ファンシーラボ (http://www.fancylab.co.jp/)

以上、8 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
はだしのゲン
ウェッブ
雑感
雑記
中沢さん
Powered by hns-2.19.6-lite, HyperNikkiSystem Project

RSS RSS2.0 ^ Okumiya Daisuke